News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


-- 映画 ----------------
NEW
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

■『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健
2019年公開

■『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子
2019年公開


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
正しさは不純だ
2018.10.13 Saturday 18:23

久しぶりに長期の映画の撮影中です。日本の映画、演劇、芸能、それぞれに強烈な、そうそうたる先輩方に囲まれて、久しぶりに、役者の初心を刺激されます。世代論になってしまいますが、僕らも含めた下の世代は「個人主義」に疑いがなく、それを堅守するための「正しい姿勢」というものをつい身につけがちで。でも個人が育つ前に個人主義に逃げ込むと大変な事になるのです。そして芸事において個人が育つなんて一体何十年かかると思ってんだよ、という話です。もちろん人によりますが。所謂強烈な先輩方というのは、「正しい姿勢なんてどこにもない」ということを教えてくれます。ただ正直で、ただ傷ついて、そして笑っている。役者にプロなんていらないんだ、とまるで言っているようです。でもそれじゃ困るので、そのためのある時代の教え方が「なんか面白いことをしろ」だった訳です。

役者は永遠にそういう生き物だという真理は認めた上で、でも同時に僕たちは制度を夢見る世代でもあります。強烈な人たちの精神が次の世代に生かされるかどうかは、いまの僕たちの世代にかかっているなぁと感じます。そして、「なんか面白いことしろ」を超える言葉を僕たちは見つけなきゃいけない。

僕は、強烈な人たちと久しぶりに触れ合い、「ただひとと共に在れ」。その事を思い出しました。思い出して。役者という仕事が。少し好きになりました。とてもとても。楽しくて。有り難い時間です。これからも。
| 成河(ソンハ) | 撮影中 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2018/10/13 9:23 PM posted by: サッチー
各分野の先輩方に囲まれた映画の現場、楽しそうですね。
何日もお稽古を積んで、生で演じる舞台と、何年も準備を重ねて、演じて撮るのは一瞬だけど、また何ヵ月も編集が続き、映像が残る映画と。
違いも共通もありますが。
生の舞台で役者さんが演じていても、観る人によって様々な感じ方があるように。
カメラを通じてスクリーンに映る役者さんも、役者さんご本人も知らなかった新しい化学変化や発見があるかもしれない。
そう思うと、生じゃなくてもワクワクします。(ワクワク専売特許)
ムタフカズ、不思議な映画で脳を鍛えられました。舞台挨拶、楽しかった!

2018/10/13 10:44 PM posted by: ひろみ
このタイトルどこかで……
と思って検索したら、2013/3/12のブログに書いてらした、中学生の成河少年が日記に書いていた言葉ですね(*´ω`*)

映画、とてもとても楽しみです。
2018/10/14 9:20 PM posted by: 宵待ち草
まったく映画と関係ないことを書く失礼をお許しください。既に一昨年韓国でまたは今回浅草九劇で、ご覧になっていらっしゃるかも知れませんが、26歳7ヶ月で肺結核で急逝した韓国詩人李箱さんの鳥瞰図(フランス精神分析家ラカンの鏡像段階論に基づき、そこに彼自身アイデンティティを保つすべを見出したのではないかと思います。)にインスパイアされて出来たミュージカルSMOKE10月28日までの上演です。是非観て頂きたくてご連絡いたしました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/790