News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


2019 NEW
『BLUE/ORANGE』 作:Joe Penhall
翻訳:小川絵梨子
演出:千葉哲也

3/29(金)-4/28(日)
@DDD青山クロスシアター


NEW
『エリザベート』
脚本/歌詞:
ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:
シルヴェスター・リーヴァイ
演出:小池修一郎

6/7(金)-8/26(月)
@帝国劇場


-- 映画 ----------------
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健

2019年
1月18日(金)
新宿バルト9ほか
全国公開


『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子

2019年
3月23日(土)全国公開


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
登録受付中!

★登録無料(不定期配信)
★出演情報(舞台、ドラマ、映画、イベントなど)お知らせ
★チケット先行予約と発送(たまに落書き付き)
★公演前後に送られる長い文章
など

ご登録はコチラから↓

male de songha 登録窓口

※登録をすると登録完了メールが届きます。登録完了メールが受け取れない場合、メールマガジンも受け取れません。端末の受信設定をご確認ください。携帯キャリアメールなどの場合は、songha@maledesongha.comを指定受信して下さい。

メールマガジンに関するお問い合わせはコチラ
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
ギア変
2018.05.02 Wednesday 23:24

夏の一人芝居『FULLY COMMITTED』、別バージョンのチラシも出回り始めました。青とピンク、ポップでシュールなデザインが気に入っております。劇場で是非探してみて下さい。

本日、千葉さんにブリブリにエンジンをかけて貰いました。ポップでシュールとは裏腹、汗と泥んこまみれのガチンコ芝居になりそうです。今はまだ完全に操縦不能ですが、まぁ、なんでしょう。いいんじゃないかな。稽古します。
| 成河(ソンハ) | 稽古場 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2018/05/03 6:50 AM posted by: ちえ
楽しみにしています♪
2018/05/05 10:00 PM posted by: ルカ
Dear 成河さま

チラシ!

早く欲しい!

ルカ←とても良いお顔されてるわ(^-^)/
2018/05/07 11:11 AM posted by: sasa

発表された時は随分と先の話のように感じていましたが、気付けば5月、初日まで2ヶ月を切り、御稽古も本格的に動き出された御様子。

一人芝居。あまり観劇したことがなくて、今迄で・・・5作品でしょうか。最初に拝見したのが島田正吾さんの一人芝居で、当時でも確か90歳を過ぎていらっしゃったかと。古民家の中庭に面した和室に座布団が一つありましては、島田さんは最初から最後まで座布団の上に正座されたまま、動かされているのは御顔と腕や指先くらいだったのですが、それが不自然に思わないほど、台詞の運びだけで色々な情景が目の前に浮かび、舞い散る枯葉を運ぶ風の感触や踏みしめる枯葉の音や香りまで伝わってくるような世界が広がっていました。今の映画館の人工的な五感操作など全く敵わないくらい(笑)あれからもう20年弱経ちますけれど、あの時の驚きや感覚が今でも残っています。
 記事を拝読する感じですと上記とは真逆の作品になりそうな予感が致します。今の成河さんの若さと今までの経験を全てつぎ込んで、全力失踪しながら駆け抜けられるような作品になりそう?ですが、果たして予想が当たるのか否か?(笑)

客席から拝見する限りですが、一人芝居は逃げ場が無いといいますか、その演じ手がそのまま出てしまうような感じがして、受け手である観客もワクワクドキドキしますが、楽しみに御待ち致しております。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/759