News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


-- 映画 ----------------
NEW
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

■『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健
2019年公開

■『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子
2019年公開

-- ラジオ --------------
NEW
■NHK FMシアター
青春アドベンチャー
『武揚伝』(全15回)

▼10/8(月)-10/12(金)
毎21:15〜30(1-5回)
▼10/15(月)-10/19(金)
毎21:15〜30(6-10回)
▼10/22(月)-10/26(金)
毎21:15〜30(11-15回)


-- TV ----------------
『関門時間旅行〜海峡都市で、会いましょう。〜』

インターネットTV
※生中継の模様を、常時コチラから見られます。


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


-- 雑誌、他 -----------

more info ...


Category
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
バリー・ターク
2018.04.24 Tuesday 02:38
KAAT大スタジオで。相変わらず関東でも指折りの素晴らしいブラックボックス。客席数も最適。濃密で親密で逃げ場がない。大劇場でかけてしまっては台無しになる作品というものがある。今日のはまさにそれ。このキャストでこの演目をこの空間で。公共劇場の気概と良心を見せて貰ったような気がして胸が熱い。

バリー・ターク
by エンダ・ウォルシュ

アイルランドだった。自分の国のことをこんな風に表現出来るなんて、なんというかその知性も感性も、歴史の重さも、言葉を失う。で、あらためて知らされるその深刻さに、息が出来なかった。もちろん、意味をかえてどんな世界にも置き換えて観れるんだろうし観て欲しいんだろうけど、それもこれも、まず、「あの国で、このお話」だからこそ産まれる強度がないと成り立たない。ファンタジーこそ、根っこには直視出来ないリアリティーが必要なんだと、あらためて。で、その強度をバシバシ感じられたという事は、翻訳で、こんなに離れた国で。すごいなー。製作チームの本気を感じた。惜しむらくはもっと色んな種類のお客さんが観れたらいいのに。これはもう誰のせいでもない。席数に限りがあるが故の演劇のメリットと、それを巡ってタコツボ化すること。或いはそれを避けて極端に市場から離れること。そのどちらかになってしまうのは何なのか。良いものが多様に受け取られるためにはどうするべきなのか。何をすれば良いのか。もう良く分からない。開かれた演劇、なんて夢のまた夢。見るけどね。夢。
| 成河(ソンハ) | 観劇 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2018/04/24 1:02 AM posted by: サッチー
ビッグフェラー前にアイルランドについてたくさんお勉強をしてアイルランド人として劇中に生きた成河さんから観た「バリーターク」は、ストレートに響いたのですね。
三年ぶりの剛くんの熱演に目を奪われてしまい、松尾さんと勝也さんの怪演と迫力にも飲まれてしまい、いくつかの謎がまだ解けていないのですが。
ビッグフェラー同様にやはりあの問題は切っても切れないのかなとか。
毎日、少しずつパズルを埋めています。
もうひとつの公共劇場でも観るので、その時に完成に近づけるかな。
白井さんが造る観る人それぞれの余白って良いですね。

2018/04/24 1:07 PM posted by: モンタ
成河さん、こんにちは。
「バリー、・ターク」を観に行けることになりました。
この作品を見たいと思ったのは、草さんの舞台での演技を初めて見るので楽しみの一つでもありますが、作品として観たいと思ったのはアイルランドを背景にした「ビッグ・フェラー」を観て衝撃を受けた事もあります。小林勝也さんもご出演なさるし本当に期待しています。

成河さんが“コステロ”の「ビッグ・フェラー」も観てみたいと強く思っています。
2018/04/24 11:53 PM posted by: ルカ
Dear 成河さま

ルカです!

バリーターク
大好きな白井先生&草剪くん

死ぬほど観たいんです!
でも
チケットが無いんです(ToT)

GW 横浜へ遊びに行きますので
当日券にかけてみます。

ルカ←しかし人生で一度も、電話予約に繋がったことがなぁい
2018/04/25 11:13 AM posted by: サッチー
PS
多様性とタコ壺化問題。
演目とハコがぴったりハマっていて、実力、人気役者さん、演出家さん、原作も兼ねた場合、努力しても(会員やファンクラブでも)チケット難になります。
かと言って、ハコをでかくしたらまた別物になってしまうし、ディティールが伝わらない。
日々、日替わり貸し切りにして、ファンクラブ、関係者、一般と分けたら多様な人が観られるかと言えば、そんな同じ人々が客席を占めるとまた異様空間で成り立たないし。
などと色々考えていて堂々巡りになりました。
現状のシステムでは難しいでしょうが、海外みたいにロングラン公演があれば、気長にコツコツと人気公演が観られる日が来るのかな。
2018/04/28 10:10 PM posted by: しろ
私はトラムに観に行きます。観れるのとっても楽しみです!!
観たいな〜って思ってもチケットが厳しかったらあきらめることが多いですね…でも、本当にどうしても絶対観たい作品は、なんとかして必ず観ますけどネ〜
良いものは、人それぞれだと思います。

きのう、ずっとずっと前から見たかった映画をやっと見ることができました。やっぱり思ってたとうりよかったです!見れて、うれしかった〜
やっぱり、いいなって思える作品をみれるとうれしい気持ちになれて心がHappyになれますね!!!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/756