News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


-- 映画 ----------------
NEW
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

■『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健
2019年公開

■『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子
2019年公開


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Works & Profile

male de songha

★工事中★

ちょっと待ってて下さい。
またやります。

Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
梅田二日目
2018.02.02 Friday 17:39
梅田芸術劇場、黒蜥蜴二日目。残すところあと三日間、四ステージ。爬虫類のようにくねくねと、捕まえては逃げ捕まえては逃げする作品。日々即興性溢れる生バンドに活力を注がれながら、最後まで、役と作品とそして自分を掘り下げて。ルボーさんの演出は、観客の想像力と俳優の創造力を信じて作られてる。だからこそ、不安になりもするし、だからこそ、鍛えられる。そんな日々です。

さて、そんな中、

ナショナルシアターライヴにて、『エンジェルス・イン・アメリカ 第一部』、いよいよ始まりましたよ!
https://www.ntlive.jp/angelsinamerica
今は無きベニサン・ピット、アッカーマンさんとの出会いは、僕の全ての始まりでした。「戯曲」ってこんなに素晴らしいんだと気づかせてくれた作品です。1週間しか上映しないので、ご興味のある方はお見逃しなく!
| 成河(ソンハ) | 公演中 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2018/02/03 4:35 AM posted by: sasa
上映の御知らせ、ありがとうございました。TwitterでNTLの知らせを見掛けたもののバタバタ状態で記憶が薄れそうになっておりました。危ない危ない(^_^;) 関東に戻ったら拝見したいと思います。

さて。再び黒蜥蜴の世界に触れたくなり大阪に参りました。今更ですが、大阪も作品の舞台となった地なのですよね。舞台を拝見する前に緑川夫人達が眺めた川の辺りでも散歩してこようかと思います(^-^)


2018/02/03 11:39 PM posted by: sasa
(連投になってしまい申し訳ありませんが…)
先ずは、「子午線の祀り」が読売の作品賞を授賞されましたこと、お慶び申し上げます♪o(^-^)o

(以下、作品の内容に触れていますので御注意下さい)

黒蜥蜴、面白かったですo(^-^)o
この作品、観る度に本当に違う想いが残るんですね。日生で拝見していた時はどちらかと言うと「女賊」として「黒蜥蜴」という女性を見ていたように思うのですが、今日は「黒蜥蜴と呼ばれる女賊」の「一人の女」の部分に惹かれました。

彼女の人生の終わり方は世間的な幸せとは違うかもしれませんが、最後に明智が生きていて良かった…と一人の女に戻って思えたことが、そしてその明智に全てを解って貰えたと実感して息を絶えることが出来た彼女が羨ましかったんです、同じ女として。
(余談ですが、男性が明智さんを見て、同じ男性として羨ましく感じたりすることはあるのでしょうかね)

もう一つ今日感じたのは、雨宮さんは私達と重なっている部分が沢山ある人だったんだなぁ…と。
彼が求め続けていたのは黒蜥蜴そのものではなくて、誰か自分を認めてくれる人、誰か自分を必要としてくれる人、だったんじゃないかと…。
誰か…それが家族だったり好きな人だったり色々あるけれど、自分を認めて欲しいという気持ちは人間の根本的な部分にある強い欲求なんじゃないかと思うのです。

貧しさだけが理由じゃなかったかもしれませんが、自分の存在理由を見失いかけていた雨宮青年が、ある日、黒蜥蜴に魅力されることで彼女に認められたいという欲望を持つようになりましたけれど、もしかしたらそれは黒蜥蜴じゃなくても良かったのかもしれませんよね。死しても黒蜥蜴に存在を認めてもらいたいと願う雨宮を救いたいと思ってくれた人が現れたことで悪い夢から覚めたみたいに今に生きることを選んだのですから。

人の幸せ…と言う意味では、死して幸せとなった黒蜥蜴と、生きることで幸せになろうとしている雨宮さん達と、対照的な描かれ方をされていますけれど…どちらも人が求めるものなのかな…なんて上手く言葉に出来ませんが、そんな感じを受けた本日の観劇でした。楽しかったですo(^-^)o
2018/02/04 5:13 AM posted by: サッチー
雨宮親衛隊、明智の手下に捕まらないように心して新大阪に向かっております。
ドヂは踏みません。
2018/02/04 9:31 AM posted by: 青葉
昨夜のアフタートークもとても盛り上がったとのこと、梅田の熱さを友人が伝えてくれました。
昨日初めて「黒蜥蜴」を観劇した知り合いの80歳のお母さまは
観劇の余韻に浸りながら終演後化粧室に行き、そのまま電車に乗ってしまい、途中でアフタートークがあったことに気づいて
あっ!という状態だったそうです。(時既に遅し)
そのくらい良いと思える舞台だったということでした。
あと2公演、スタッフの方、キャストの方々全員が充実した公演になりますようお祈りしております。
2018/02/04 10:53 PM posted by: けいこ
こんばんは。初めてコメント書かせていただきます。昨日、「黒蜥蜴」拝見しました。舞台の美しさもさることながら、今回つくづく感じたのは、セリフの美しさ。現代劇と言うより、古典劇のように感じられました。以前(何年も前のことですが)美輪明宏さん主演のものを観た時には、そういう印象はなかったので、演出によるものなのでしょうか。それとも、この20年間で日常の日本語がより口語化?したのでしょうか。
成河さんのお芝居を観たのは、まだ二回目です。初回は、ドクロ城花の天魔王でした。やられたー!!と感じました。これからも、色々な作品で成河さんを拝見していきたいです。ご活躍をお祈りしております。
2018/02/06 3:16 PM posted by: sasa
「黒蜥蜴」全日程、御疲れ様でした。
誰一人欠けることなく皆様で大千穐楽を迎えられました御様子、何よりのことと嬉しく思っています。

もう終わったことではあるのですが、黒蜥蜴終了に際し観客として演者の皆様に一つだけ願うことがありましてコメントを書かせて頂きました。
(管理人様 こちらに相応しくない内容でしたらば御手数かけまして申し訳ありませんが削除を御願い致します)



ルヴォーさんの演出は特にそうなのだと思いますが、具象化せずに観客の想像力に委ねるという選択肢を取った時に避けて通れない問題の一つとして「上演中にアクシデントが起こった時に演者さん達がどう対処なさるか?」という事があるのではないでしょうか。

例えば。
椅子を倒した→場面転換前にその椅子を使う場面がある
こうした時。
自分で直せる役柄ならいいのですが、そうではない場合・・・
誰かが本来の自分の動きから逸脱して咄嗟の対応をしなければならないですよね?あくまで役から逸脱しない範囲内で・・・
役柄的に椅子を直してもおかしくない登場人物は限られますし
、芝居が進む中、タイミングも限られてきます。

ギリギリまで待たれたのだと思います。
その判断は正しかったでは・・・と私も思います。
そして最後、どうしようもなく、御自分で直された。

その瞬間、私の中で息づいていた作品の世界は一気に閉じてしまいました。(役柄的には相応しくない動きとなりますから・・・)

アクシデントを起こそうとして起こす方はいらっしゃいませんし、生である以上、いつ起こってもおかしくないものでしょうし、アクシデント自体を問題視するつもりはないのです。

肝心なのは、そうした時に役柄を逸脱しない範囲で誰がどうするのか・・・、特にこうした観客の想像力に委ねる作品であればあるほど、舞台上に立たれる演者さん全員が役から逸脱しないようにアクシデントに対応する、そうした反射神経を持つ必要があるのではないでしょうか・・・。

勿論、その後に直ぐ頭を切り替えられなかった自分の未熟さも多分にあります。
ただ、芝居として一番避けて頂きたかった最終的な状況になる前に、そうならずに済んだであろう可能性が2通り、もしくは3通りあったのでは?と私は思うのです。

上記の椅子の例え話以外にも何度か近い感覚を持ったこともありました。
ルヴォーさんとの御稽古の時にOKとなった以外のことをするのも大変な事かもしれませんし、他にも私の想像がつかないような色々な諸事情があるのかもしれませんが、今後、このような作品に再び巡り合われる機会がありましたらば、演者の皆様が今回のことを今後の肥しとして頂けましたら、一観客も救われると思うのです。

そう切に願いつつ。失礼、お許し下さい。




2018/02/11 12:30 AM posted by: nokko
成河さん、ご紹介いただきありがとうございました。話に聞いてたナショナルシアターライヴ!先日初めて観にいきました!『エンジェルス・イン・アメリカ 第一部』面白かったです♪ルヴォーさんの盆とはまた違った3盆使いでしたね♪びっくりするくらい何でもあり!まだ全体像が掴みきれていないので、続きが観たい!
休憩中のNational Theater客席の様子まで映っているのも劇場臨場感あり!約4時間の長丁場!平日夜、帰宅は日付を跨ぎましたが、観にいってよかった!翌日も興奮冷めやらずでした。
第一部の最後にエンジェルが!
第二部『ペレストロイカ』は第一部以上の尺だとか…でも、待ち遠しい。
けれど、それ以上に、tpt.版・成河エンジェルを観たかった!
DVDとかあるのでしょうか?
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/744