News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


-- 映画 ----------------
NEW
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

■『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健
2019年公開

■『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子
2019年公開


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
日生劇場
2018.01.08 Monday 19:03

学生時代、敷居が高くて近寄る事もなかった、都内でも帝劇に並ぶ歴史ある屈指の大劇場。席数はおよそ1300。セリフ劇でもマイクは必須。とはいえ、このサイズの劇場の中では客席と舞台の最大距離が比較的近く、空間の親密度は割合高い。古代のお城に迷い混んだような劇場の内装はまるで現代美術のような仕様。興業上どうしてもチケット代金が高くなるので観る人を選ばざるを得ないのが心苦しい。

ディズニーランドで1日遊んで飲み食いして散財したらだいたい同じくらいか。『黒蜥蜴』は休憩込みでだいたい3時間ちょっと。多分。でも演劇の真価は観た後の数日、場合によっては数年に持ち越すものだから費用対効果は人それぞれ。

三島由紀夫の痛烈な近代批判を内包する風刺エンターテイメント。夢だけど夢じゃない時間。「本物」がどこにあるのか、を探す旅。「本物」を探すにもお金がかかる時代です。「本物」は「どこかにある」のではなくて、一人一人の心の中で見出だされる物だと思います。そしてその補助線を引くのが僕たちの仕事。消費社会のその先へ、演劇は何が出来るのか。せめて1人でも多く、その問いかけが心に届くように。そのためだけに心を込めて。明日。初日です。
| 成河(ソンハ) | 稽古場 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2018/01/08 7:47 PM posted by: ちえ
いよいよ開幕ですね。

そりゃー楽しみにしておりました。

明日の初日には伺えませんが、無事の開幕を念じております。

コメントの数々を心に留め、わくわくしております。

今年も「心にいつも演劇を♪」
2018/01/08 9:43 PM posted by: サッチー
成河さんきっかけで、大好きになった劇場の数々。
赤坂、池袋、世田谷、横浜、豊洲(これ一番難関)
十二夜で初の日生劇場さん、成河さん同様に足を踏み入れる前は敷居が高すぎて赤絨毯を歩く足が震えましたが。
前方、中方、後方、各席を経験し、特に後方センターから観た成河フェステは1300人のみならず、世界を征してまわしていました。
フェステにピンスポが当たり、暗転してからの余韻と幸福感は今もはっきりと瞼に浮かびます。
見事に数年、持ち越してますし、あの光景は一生忘れません。
あの時と同じ劇場で、美青年雨宮。
江戸川乱歩原作だけに前情報入れずに、迷宮の世界へ足が踏み入れます。
真冬の舞台の上は乾燥しますから、お肌と喉を大切にっ。美顔パックは必須です。
2018/01/08 11:14 PM posted by: keiko
日生劇場

好きな劇場のひとつです。人も内装も温かみのある劇場です。
天井のしつらえがまるでガウディの彫刻のよう。1階から見るとGCを取り巻くライトがなんとも美しい。
GCはとっても見やすい神席です。

費用対効果、ディズニーランドと比べるなんて、演劇の勝ちですよ。役者さんの腕にかかってます。どうぞ役者さんの力で魔法をかけて下さい。魔法にかかりたい私です。
2018/01/09 9:37 AM posted by: sasa
「黒蜥蜴」東京公演初日 おめでとうございます。
良き初日となりますように(祈)

実は前の記事の時に日生劇場の美しさについて触れようとしたのですが、話が逸れ過ぎかな・・・と思い止めたのですけれど、ナイスタイミング♪
現存する劇場の中で日生劇場ほど黒蜥蜴を上演するに相応しいところはないと思うのです。美を語るには美に溢れた場所でないと。

成河さん、ソワレ終演後の帰り道、機会がありましたら劇場の外観正面(ファサード)を見上げてみて下さい。ライトアップされていて、とても端正で美しいです。オススメは帝国ホテル側に渡った信号の辺りから。

客席ホール内の天井に貼られたアコヤ貝は有名ですが、壁も非常に凝っていて、恐らくは職人さんが一つ一つ配置していったであろう色とりどりのガラスブロックが埋め込まれ、建築家(村野藤吾氏)の美意識と、それを実現出来た職人さん達の美意識が溢れんばかりに形となったのが日生劇場だと感じます。
他にも吹き抜け天井のアルミ板の吸音穴(パンチング部分ですね)一つとってもリズムが考えられていて、見れば見るほど、劇場自体が緑川夫人のコレクションのようです。

施主側の経済効率や施工側の工期効率が兎角優先されがちな現代では二度と日生劇場のような建築が生まれることはないでしょう。本当に貴重な場所だと思います。

実は私が学生だった頃には都内に今ほど劇場がなかったせいか?、東京都の「〇〇鑑賞教室」の類は殆ど日生劇場で開かれておりまして、当時は何の有難みも感じず(勉強サボれる)くらいの感覚で伺っておりまして思い返すと穴があったら入りたいほど申し訳なく思いますが、そうした経験が全て残らなかったと言えばそうでもなくて、そうした下地があったから、歌舞伎座や帝劇にも自ら脚を向けるようになったのかなぁ・・・と今になって思います。
日生劇場自体の美しさや作りの見事さに気付けたのは仕事をするようになってからですけどね(笑)
学生の時は、あの客席天井が鯨の口の中に見えて、まるで自分が飲み込まれちゃったような感じがして、早く照明が落ちないかな・・・っていつも思ってました(^^;

長くなっちゃいましたね。すみません。
数日後のMY初日が楽しみです。



2018/01/09 9:40 AM posted by: marmot
いよいよ黒蜥蜴、初日なんですね。
日生劇場の豪華で重厚な、それでいて観客を温かく迎えてくれる空間が大好きです。と言いつつ観劇歴が浅く昨年2月が初でそれ以来ですが‥‥。端の方はもう暗がりみたいな広い舞台と、後ろや天井を振り向いても壮麗で、客席に着くとレトロな豊かさに包まれているようで観劇に向けた気分も整えられます。最近世の中も自分も、色々とカツカツ感があってこの感じ貴重です。

そしてメルマガで読ませて頂いたルヴォー氏の稽古の雰囲気‥‥どのような舞台と出会えるのかとても楽しみです!!
素敵な初日が明けますようお祈りしております。
2018/01/11 10:14 PM posted by: sasa
MY初日、拝見して参りました。
驚きは始まる前から。
(え?バンド??まさかの音楽劇?そんなわけないか・・・)
(え?盆?回るの?回るの回るの?それにしても床高い・・・)

先ずは大変ゴージャスな音楽でした(^^)
繊細なピアノの旋律、そしてどこかノスタルジックな温かみのあるアコーディオンの音。この作品には生音が似合いますね。


まだ公演は始まったばかり。未見の方も多数いらっしゃるかと思いますので作品内容に関わる感想は控えますが、1幕が終わって、幕間に思った一発目が「この板の上に立つの怖そうだな〜」でした。トークショーでもチラっとそんな御話が出てましたね。

例えばバレエ外来のある整形外科ですと、一般人が溢れる待合ロビーの中で一見して「ダンサー」だと解る人がいらっしゃる。スタイルとか抜きにしても、(ケガしていても)立ち姿や座る姿勢、頭から腰にかけての線が全く違う。美しく居ることが染みついている人独特の雰囲気というか肌感覚がありますよね。多分、モデルさんや女優さんなどもそうなのだと思いますが。

黒蜥蜴の美に対する執着心はきっと己にも向かったでしょうし、そう考えると、この舞台どうこうという短期間の話ではなくて、この舞台に立つということは、演じる方が今まで御自分の人生の中で「己の美や美学」とどう向き合ってきたのか・・・というところまで客席に透けて見えてしまうような恐ろしさを感じて(怖いなぁ・・・)と思ったのだと思います。

今日は自分自身が初見でしたので、(トークショー司会の)中井さんもおっしゃてましたが、二度三度と拝見する内に新たな気付きや(作品と自分の)リズムが変わることもありそうで楽しみです。とりとめのない感想でごめんなさい。

2018/01/12 10:21 PM posted by: nokko
『黒蜥蜴』開幕おめでとうございます!

初日を早速拝見しましたが、平日夜だったので、メッセージを書く間もなく…失礼しました。ようやく週末!お疲れ様です!

音楽や舞台装置、見せ方等、舞台を目にして、
「ルヴォーさんはそうくるのか!」「あっ、そうくるのね!」
と次々にいろいろ…。綺麗です!スピード感あるところと、じっくり台詞を聞かせるところと、緩急があります。
役者さんたち…特に、黒蜥蜴を筆頭に、魅力的です(もちろん成河さんも)♪

一見、自分とはまるで違う世界の出来事ではあるけれど、共感できるところもかなりあります。黒蜥蜴にも、雨宮にも、明智にも。
でも、そこまで行かないよな(『人間風車』のときの感情にもちょっと似ているかも)。


日生劇場の赤絨毯と大理石(もちろん化粧室も!)や不思議な内装(私は、なぜかいつも「アンモナイト」の中にでもいるような?気分になるのですが…)は、まさに『黒蜥蜴』にピッタリ。劇場選択は、ルヴォーさんのご希望だったのでしょうか?

今度は、全体が見える別の角度から見せていただきます。

まだまだ公演は、これから続きますね。
私を含めて、楽しみにしている仲間が沢山います♪
どうぞ、千秋楽まで、ご自愛ください。
2018/01/20 12:56 AM posted by: sasa
「黒蜥蜴」東京公演もそろそろ中日でしょうか?前半戦、お疲れ様でした(^^)
19日ソワレ、約1週間ぶりに拝見させて頂きましたが、前回から随分と変わったように感じます。嬉しい驚きでした♪
あ、感想の前に訂正を。
前回上手から拝見した時にパッと見アコーディオンに見えたのですが、よく見たらバンドネオンでした。大変失礼致しました。

(以下、未見の方、御注意下さい)

色々なものを削ぎ落した空間の中で観客が黒蜥蜴の世界に入る為に必要なもの。それは媒介となる存在ですよね。
存在が立ち上がり、鼓動のような心地の良いリズムが生まれ、作品が息づいてくる。そうなると引き込まれる力が俄然強くなりますよね。引き込まれる方はとても楽しかったです(^^)

美しさだったり、知性だったり、ずば抜けた才を持って生まれた人間は、持たぬものから見れば幸福にしか見えなくても、自分自身が才を支配するのではなく、実は逆に己の美学と言う名の元に自分が才に魅了され支配されてしまう・・・そんな余人には理解されないことが、苦しみとなって孤独に陥っていくのか・・・と今回の黒蜥蜴を観ていると感じるのです。誰にも解らない孤独を持った者同士だからこそ、共鳴し惹かれあったのかなぁ・・・とも。似た者同士で共鳴しあうという意味では(偽の)早苗と雨宮もそうですよね。

中谷さんの黒蜥蜴は、美しさという強い鎧の下の誰にも見せることが出来ないピュアな部分が初心な少女のようで、その二面性が客席から拝見しても何とも可愛らしいというか素敵でした。回を重ねる毎に強さにも磨きがかかるでしょうし、東京の後半&大阪が楽しみです。

ルヴォー氏のフィジカルな演出の一つかな?と思われる水葬礼のシーンですが、最初は観客自身も甲板から海水面を見下ろしていたはずなのに、一転、90度回って今度は船の横(というか海上?)から甲板の面々を見つめるあの急降下感も面白かったです。

カーテンコール終了後、贅沢にもミュージシャンの皆様がフルに余韻に浸らせて下さる。追い出しなんて無粋な言葉は使いたくないほど美しく切ないエグジットミュージック。席を立たれる方も多いのですが、味わないのは勿体ないほど素敵なので、お時間のある方は是非。

長くなってすみません。最後に余談です。
先日、紀伊国屋サザンシアターで「TERROR テロ」を拝見いたしました。こちらも見応えのある会話劇で、とても面白かったです。観客は全て参審員という半ば強制の客席参加型ですが(笑)、傍観することなど許されないような濃密で緊張感のある舞台でした。黒蜥蜴と公演日程が重なってしまってますので難しいかとは思いますが・・・(オススメです)


2018/01/21 4:00 AM posted by: Kyon
以前より観劇チケット費用対効果について思う時、不思議とディズニーチケットが浮かびますのですっと理解できる内容でした。
何故かディズニーチケットは高く感じるのは、楽しいけどとても疲れるからかもしれません。
観劇に行くとパンフレットや食事もしますので、気づかないうちに費用的に超えてるかもしれませんが、不思議と高く思わないです。
まるで、病気で高い薬に必要経費と思い払ってたような感覚のようです。麻痺しているのかもしれません。
貝が貼ってある素敵な劇場での本日の黒蜥蜴楽しみです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/738