News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


2019 NEW
『BLUE/ORANGE』 作:Joe Penhall
翻訳:小川絵梨子
演出:千葉哲也

3/29(金)-4/28(日)
@DDD青山クロスシアター


NEW
『エリザベート』
脚本/歌詞:
ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:
シルヴェスター・リーヴァイ
演出:小池修一郎

6/7(金)-8/26(月)
@帝国劇場


-- 映画 ----------------
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健

2019年
1月18日(金)
新宿バルト9ほか
全国公開


『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子

2019年
3月23日(土)全国公開


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
登録受付中!

★登録無料(不定期配信)
★出演情報(舞台、ドラマ、映画、イベントなど)お知らせ
★チケット先行予約と発送(たまに落書き付き)
★公演前後に送られる長い文章
など

ご登録はコチラから↓

male de songha 登録窓口

※登録をすると登録完了メールが届きます。登録完了メールが受け取れない場合、メールマガジンも受け取れません。端末の受信設定をご確認ください。携帯キャリアメールなどの場合は、songha@maledesongha.comを指定受信して下さい。

メールマガジンに関するお問い合わせはコチラ
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
僕たちは
2017.12.07 Thursday 01:19

多様性を表現しなければいけない。概念とか一般を呼び込んではいけない。多分、絵も、歌も、躍りも、何でもそう。そのために必要なことは、徹底した自己と世界の観察。情報を遮断して自分の目で。みること。稽古も始まったところで、そろそろまた言葉を柔らかく戻したい。
| 成河(ソンハ) | 稽古場 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2017/12/07 1:40 AM posted by: eris
全然どうでもよい話しですが、仕事もプライベートもしんどくてしばらくコメントできずにいました。でも、読んでました。記事アップされると嬉しいです。仕事で金曜日から月曜日、朝から晩まで、本番を迎えます。大勢の人を相手にします。こんな時に話し方教室に行けば良かったといつも思うんです。うまく話せるようになりたい。

2017/12/07 8:43 AM posted by: サッチー
田舎の小学生だった自分は、娯楽がない中、推理小説にはまり、図書館の江戸川乱歩シリーズを読破していました。
いまから思えば、(少年探偵団、怪人二十面相以外は)子供には難しい淫靡な世界。
挿し絵もおどろおどろしくて、好きで借りてきたのにページを捲るのが怖かった。
自分も江戸川乱歩もどきの小説をノートに書いていました。
三島由紀夫さん戯曲は読んでいませんが。
黒蜥蜴、才気溢れるキャストのみなさん個々の多様性が、ルヴォーさんマジックでどんな化学変化を起こすのか。
子供の頃の冒険心で観に行きますね。
2017/12/07 12:19 PM posted by: arida
「情報を遮断して自分の目で。みること。」

観客側にいる私もそうして、みたいです。
2017/12/07 9:09 PM posted by: keiko
現実逃避で集中しての黒蜥蜴のお稽古感じとれます。

日常生活においては自分の目で見ること、決断する事は常に必要。でないと悪い結果が出た時人のせいにしてしまう。

でも、お稽古は別問題。決して長くないお稽古期間、人の意見も聞きつつ自分を信じてつき進んでください。

舞台、何もかも周りのものを遮断して観たいと思います。


2017/12/08 12:06 AM posted by: しろ

気持ちが真面目すぎるとだめなのかもしれませんね。
そういえば、この間読んでからいろいろと考えていたら涙がでてきました…
2017/12/08 7:32 AM posted by: ことね
自分の目で見る…

私は自分に自信がなくて、周りの人ばかり正しいと思いがちだけど
成河さんがそう言うと、私も「周りのように」ではなく、ちゃんと自分と向き合うことが、できます!

そういえば、前の必然性のお話、やっぱりよくわかりませんでした、すいません…

大人になったらわかりますかね?

あと、この前知ったことがあって、、
人間は、自分の中の嫌な感情とかを無いことにしてしまえるそうなんです。

例えば悪口言われたら嫌な気持ちになるけど、「嫌だ」ってずっと思ってたらストレスが溜まってしまうから、「嫌だ」という感情を無いことにできるそうなんです。

でも、そうやってネガティブな感情に蓋をし続けると、ポジティブな感情も無くなっちゃうんだそうです、

(美味しい)(嬉しい)とかの感情も薄くなってしまうそうなんです、

私はそうだったから

ちゃんと自分の嫌な感情とも向き合わないといけないなと、思いました!
2017/12/08 6:10 PM posted by: ことね
↑急に暗い話してしまってごめんなさい!
成河さん、お稽古楽しんでください♪
芳雄さんと成河さんが一緒に舞台に立つということが楽しみなファンの方はきっと沢山いますね!
私もその一人です(^^)とても楽しみです♪
2017/12/09 8:36 AM posted by: marmot

艶のある黒にレタリングされたタイトルの台本、かっこいいです!!! 表紙からして存在感がある黒蜥蜴、これを俳優の皆さんがどのように表現していくのか‥‥‥‥期待が高まります。

今のところ題以外の知識がないので、私も積極的には事前情報入れずに今回は観てみようかと思います。楽しみです〜〜!
2017/12/10 5:41 PM posted by: ことね
静岡のspacという劇団の、「変身」を観てきました。
演出は小野寺修二さんというパントマイムをやっている方で、
劇中でもパントマイムのように、「変身」の、あるはずのない不条理なストーリーを信じさせてくれるんです。

「芝居」している側の人に、「これはこうだ!」と言わず、淡々と物語が進んで行く感じが、他のものと違って

面白いので、成河さんにも観てほしいです!

今日が千秋楽でしたが…、

小野寺さんの演出を観たことがなかったら、是非観てみてください!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/734