News
-- 舞台 ----------------
2018
『黒蜥蜴』
作:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
1/9(火)-28(日)
@日生劇場
2/1(木)-5(月)
@梅田芸術劇場


-- TV ----------------
NEW
『関門時間旅行〜海峡都市で、会いましょう。〜』

11/17(金)
19時〜
90分Web生中継

詳細はコチラ


NEW
■NHKスペシャルドラマ
『龍馬 最期の30日』
11月19日(日)
NHK総合
午後9時〜10時

BSプレミアム
『龍馬の遺言』
12/29(金)
放送予定
※後日談を含む拡張版です


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


-- 雑誌、他 -----------

more info ...


Category
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
休みました
2017.07.28 Friday 14:47

手にいれました


| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2017/07/28 8:17 PM posted by: ちえ
私も手に入れます。

あんなに楽しかった公演から、まだ一週間?
次の作品への思いも増していますが、まだまだ義経から離れそうにありません。

こういうのを、「ロス」と言うのでしょうか?

『子午線祀り』再演を熱烈希望いたします!!!
2017/07/29 1:46 AM posted by: nokko
今月は、気づくと『子午線の祀り』のことばかりを考えていました。「平家物語」関連の本も。
そして出たばかりのその本♪
読み始めたらとても興味深く♪ あと残り40頁弱…です。
舞台もそうでしたが、読み終わりそうなのは淋しいくらいです。
初演からずっと知盛をなさっていた嵐圭史さんのお人柄が伝わってくる本で、木下順二さんのコメントや、宇野重吉さんの演出や台本(台詞カットも含め)の細部等、また初演の初日が壇の浦のある下関で行われたこと等色々なことが分かって、『子午線の祀り』を更に何度か観たような感覚です。
研究熱心で真摯な方なんだと思います。(成河さんに似てます)
私個人的には、途中にでてくる「呼吸法」「発声」「発音」に関する記述を、前のめりになって読みました。
あともう少し、楽しみながら読みます♪お薦めです。

この本読みつつ改めて思ったのは、今回の萬斎演出版は内容的には全曲上演にかなり近かったのではないか、それを3時間45分で過不足なくやりきった(恐らく)!すごい!!と。
それには。成河さんや今井さんはじめ若い俳優さんたちの台詞術(?)の素晴らしさがあったればこそ♪♪♪私の感想です。
2017/07/29 1:13 PM posted by: サッチー
梅雨、明けたのか明けてないのかファジーですが。
暑中見舞い申し上げます。
休めましたか。
御大将どのもまだ、子午線モードの余韻に浸っておられるのですな。
お休みに観られたラインナップご感想などもご紹介頂けたら嬉しいでございます。
2017/07/29 9:51 PM posted by: keiko
お休みできて良かったです。安心しました。

子午線の祀りをとっても大事に思っている成河さんのお心伝わりました。

「好きこそものの上手なり」ではないですが好きな作品だからこそのこだわりが見えました。

私もまだ抜け出せないでいます。心に残ってます。
2017/07/30 10:24 AM posted by: はせ
はじめて投稿させていただきます。
成河さん、「子午線の祀り」公演お疲れ様でした。
22日の前千秋楽を鑑賞させていただきました。

髑髏城で成河さんを知ることができ、またそれがきっかけとなって子午線の祀りも鑑賞させていただきました。

今まさにここで壇ノ浦の戦いが繰り広げられているような気迫と、各々の人間模様や苦悩をひしひしと感じ、何とも言えない余韻の残る舞台でした。
ただ終わった後にどうしても(古語も含めて)もうちょっと理解できればという欲が強くなり、「知盛の声が聞こえる」を劇場で購入させていただき、帰りの電車も変更して、ホテルも予約し、東京滞在を延ばして千秋楽も再度足を運ばせていただきました。

ちょっと今から考えるとかなり衝動的でしたが、あの時夜通しこの本をむさぼるように読み、このセリフはどのような声色・表情だったかなと思い出し、自分の中で想像しながら、そして舞台を観たあの体験は本当に貴重なものとなりました。

このようなきっかけをくださった成河さんには大変感謝しております。
人間味あふれる成河さんの義経もとっても素敵でした。もともとキャラクターとして好きだった義経が一瞬嫌いになりそうでしたが・・・(笑)

次回の人間風車も楽しみにしております。もちろん東京公演も行きますが、私の地元である仙台での公演もあり、仙台で成河さんを鑑賞できる幸せを噛みしめ、その日を心待ちにしております。(ものすごく!!)
それまではゆっくりお休みください。

長々と失礼いたしました!
2017/07/30 10:34 PM posted by: eris
お疲れさまです。
ブログ更新、嬉しいです。

2017/07/31 12:28 PM posted by: uroco
私も読んでみました。
創り手側は、観る者の何十倍も考えて考えて悩んで試行錯誤してるんですよね…
当然と言えばそうですが、完成されたものだけ観ると、天才的にぱっとできたようにも見えてしまうので…

最初の公演のセリフカットの話、すごく興味深かったです。

前コメントのはせ様
>仙台で成河さんを鑑賞できる幸せを噛みしめ、その日を心待ちにしております。(ものすごく!!)

私も仙台在住なのでまったく同感です!!
幸せですね。
噛みしめます。

しかも仙台千秋楽ですし、楽しみです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/708