News
-- 舞台 ----------------
『子午線の祀り』NEW
作:木下順二
演出:野村萬斎
7/1(土)-23(日)
@世田谷パブリックシアター


『人間風車』NEW
作:後藤ひろひと
演出:河原雅彦
9/28(木)-10/9(月・祝)
@東京芸術劇場プレイハウス



2018
『黒蜥蜴』 NEW
作:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
1/9(火)-28(日)
@日生劇場
2/1(木)-5(月)
@梅田芸術劇場


-- 映画 ----------------
NEW
Disney実写映画
『美女と野獣』


吹き替え版
ルミエール役

4/21(金)全国公開


-- DVD ----------------
『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


-- 雑誌、他 -----------

more info ...


Category
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
蝶々夫人
2017.02.18 Saturday 18:30

師匠のオペラを観てきた。

映画沈黙でも文字通り命がけだった師匠は、楽屋で元気に子役とジャンケンをしてらした。しかも勝って喜んでた。安心して涙が流れた。

旅人。ボーダレス。見えないものを見せる。師匠の口から出るその言葉はみな心から信じられる。体現しなければ意味のない事を全てやっている。教わることはまだまだ尽きない。
| 成河(ソンハ) | 観劇 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2017/02/18 9:45 PM posted by: 路絵
入場時に幸運にも師匠にご挨拶が叶いました。
短いご挨拶の中で、
「彼は来られるのだろうかなあ」
と気にかけてらっしゃいました。

私事、人生初「蝶々夫人」でしたが
二幕中盤から本当に魂持ってかれた気分でした。
幸せな出逢いを下さって、ありがとうございました。

今年こそまたどこかの劇場でご活躍を
拝見しにまいります。
雄姿を拝見するのを楽しみにしております。

楽しみに、楽しみに。

2017/02/18 11:15 PM posted by: ことは
目には見えないものを感じて、こちらまで温かくなりました。しっかりとバトン繋いでくださいね。








2017/02/18 11:53 PM posted by: サッチー
残念ながら仕事で蝶々夫人は観れないのですが。

沈黙を観て。
心が震えました。
まっすぐさが笈田さんとかぶってみえたし。
吹き替えなしのあのシーン、もう、みてられないくらい、いや、観たいけど。
あの役は笈田さんしか出来ないし、そのものでした。ほんと。元気なお姿に成河さんが逢えて良かった。
スコセッシ監督も、アンドリューガーフィールドも尊敬する世界の笈田さん。さすが成河さんの師匠です。
2017/02/19 2:17 PM posted by: ルカ
dear 成河さま
お疲れ様です。
ルカです。

蝶々夫人、残念ながら見れません。
でも、
沈黙は、見たいとおもっています。
昔、原作読んで、感激しました!

春琴のプログラムに書いてあった師匠さまのお言葉を、京都の母が感動し、コピーして渡してあげた記憶があります。
素敵な方ですね!

体現しなければ、意味のないこと…

うん!素敵!

ルカ(納得)
2017/02/19 3:33 PM posted by: keiko
おぺら『蝶々夫人』ご覧になったのですね。お稽古の合間でしょうか&#8264;
私は成河さんへのファン歴が浅いので笈田さんは存じ上げないのですが、成河さんが師匠と崇めるくらいですから道しるべとなるような偉大な方なのでしょうね。
『沈黙』見てみたいと思います。
成河さんのおかげで視野が広がります。
見ない事にはわかりませんし、話にもなりません。
考えているだけではダメですね。行動しないと。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/688