News
-- 舞台 ----------------
2018
『黒蜥蜴』
作:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
1/9(火)-28(日)
@日生劇場
2/1(木)-5(月)
@梅田芸術劇場


-- TV ----------------
■NHKスペシャルドラマ
『龍馬 最期の30日』
11月19日(日)
NHK総合
午後9時〜10時

BSプレミアム
『龍馬の遺言』
12/29(金)
放送予定
※後日談を含む拡張版です


『関門時間旅行〜海峡都市で、会いましょう。〜』

インターネットTV
※生中継の模様を、常時コチラから見られます。


-- ラジオ --------------
■FMシアター
『もと天使松永』(再)
NHK FM
12/23(土)
22:00-22:50
(全1回)
(初回放送:2015年12月19日)


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


-- 雑誌、他 -----------

more info ...


Category
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
マームと地点
2016.12.21 Wednesday 01:36

京都に行く前に2つ。
ロミオ&ジュリエット@プレイハウス
桜の園@吉祥寺シアター

気になってたくせに気にならないフリをしてきた三浦さんの本をついに劇場で購入。参りました。

地点は東京、僕は京都という。ロミジュリ、はやってんすかね?藤田版。泣く。どちらの作品もだけど、解体したおかげでちゃんと意味が通るというか、現代人が受け取るための補助線になっている、というのがとにかくすごい。解体する目的って本来それ以外ないはずだと思うんだけど、そうならないものは多い。マームと地点はその成果とか態度とか、惚れ惚れする。戯曲への理解が隅から隅まで行き届いてなければ出来ない。よ。これで『翻訳劇』ではなくて、ようやく『現代劇』。古典作品特有の「ナントナク、フヘンテキ」に甘ったれずに、指し示す指をくっきり見せる。どちらの作品にも嫉妬をかくせません。
| 成河(ソンハ) | 観劇 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2016/12/21 12:34 PM posted by: keiko
京都に行く前に羨望の作品をご覧になりつかの間リフレッシュ出来たのではないでしょうか?
かねてから思案中の本も手に入れて、本を前においてウキウキしている姿が目に浮かびます。

ロミジュリ、演劇のみならずバレエとかあちらこちらでみかけます。ご存じと思いますがどうやら今年はシェイクスピア生誕400年だそうで…。

京都3日間、クリスマス時期でもありますので京都のクリスマス、楽しんでください。

一足早いですが、成河さん“Merry Christmas ”
2016/12/21 9:59 PM posted by: クロスオーバー
マームにはまってます。さいたまのNINAGAWA Studio でのイタリア人との舞台っていうか、枠、が舞台なんですけど、あれも面白かったです。
〜ココロノヒダ、は悲しかったです。
ロミジュリ、東京芸劇プレイハウス、心地よく壊れた自分が居ました。
地点、こんどはぜひ観たいです。
風姿花伝シアターの那須さんが、ヘンリー四世で、あんなことやこんな芝居。しゅうさんの四世は、汚れた手をもつ王さまでした。
ロボット ガンバッテ 
クダサイ
ミニイキマス
2016/12/22 12:18 AM posted by: arida
こんばんは〜。
ワタシも見ました、ロミジュリ。一目見て、私の中で、はやって、3回見ちゃった。けれど、もっとあの世界の中にいたかった。くるくる回っていたかった。

ワタシ ハ シンゴ もはやると思うよーー。
 
明日からロームシアター、シンゴ オキバリヤス!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://web-dorama.jugem.jp/trackback/677