News
-- 舞台 ----------------
『子午線の祀り』NEW
作:木下順二
演出:野村萬斎
7/1(土)-23(日)
@世田谷パブリックシアター


『人間風車』NEW
作:後藤ひろひと
演出:河原雅彦
9/28(木)-10/9(月・祝)
@東京芸術劇場プレイハウス



2018
『黒蜥蜴』 NEW
作:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
1/9(火)-28(日)
@日生劇場
2/1(木)-5(月)
@梅田芸術劇場


-- 映画 ----------------
NEW
Disney実写映画
『美女と野獣』


吹き替え版
ルミエール役

4/21(金)全国公開


-- DVD ----------------
『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


-- 雑誌、他 -----------

more info ...


Category
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
少し長く喋ります
2017.03.04 Saturday 02:22

城山羊の会の山内ケンジさん。2015年に岸田國士戯曲賞を取った『トロワグロ』の映画化。新宿武蔵野館で見てきました。

思えば映画館でこんなに声を出して笑ったのは初めてかも知れなくて、それがこの作品だという事実に、少し凍りついてます。いま日本に生きている僕たちが目に焼き付けておくべき己の姿といいますか、まぁでも海外の方にも受けたという事なんで、なんでしょうか、文明社会なんですかこれは。笑えないですね。無関心だとか快楽主義だとか、何よりもその上に着ている服がまぁ見事にどれも醜くて、でも確かに僕たちが普段着ている服そのままで、笑えないけど笑えて、結果的には非常に笑えないです。少なくとも僕は。という訳で。at the terrace。おすすめです。

山内さんもトークでおっしゃっていましたが、ここまで直球ストレートな作品(「素直な作品」と山内さんは表現していましたが)だと舞台であれ映像であれ伝わるものにブレは少ないんでしょうね。演劇やる人にとっては不条理のない世界という言い方になりますか。どちらも伝わるものが変わらないのならば「残る」という点において映像に軍配が上がるような気がします。あ。でも割りと大事なとこ見過ごしてしまうひとも多いみたいで。それは映画という形式の持つ「軽さ」の弊害でしょうか。舞台は強制力が働きますから、その分見過ごせない空気が必然的に生まれますね。逃げられない、という点では舞台に軍配でしょうか。だから舞台をとにかく「軽く」していこうとする今の世相には大いに反対ですよ。

せっかくなので色々考えました。やっぱりあれですね。舞台と映像では、その行為が持つ「効能」がそもそも違うんでしょうね。舞台は言ってみれば「人に会いに行く行為」。それに対して映画は「絵を見に行く行為」だと、改めて思いました。

「人と会って話す」のが舞台ですよ。いや、客席ではもちろん喋らないですけど、発信者と受信者がそこで向かい合っている以上、なんらかの意思を提示することになるじゃないですか。拍手するとか目の前で寝るとか途中で帰るとか。その強制力の前に、もしかしたら傷つけるかも知れない覚悟で意思を提示するからこそ価値が生まれる。その時その行為は医療たり得る訳です。例えアンドロイド演劇であっても操作して幕を開けている人がそこにいればそれは同じ事。人に会いに行くって別に俳優に会いに行く訳じゃないですからね。言うまでもない事ですがそれが目的だったらライヴやコンサートや握手会に軍配。

それに対して映像は「安全」なんですね。あくまで「見るもの」。今回の映画のチラシにも「安全な場所からお楽しみ下さい」と書いてありました。まぁ絵ですから。傷つくもつかないもその時の自分次第な訳で、いつでも自分で決めれば良い。そのかわり、その気になれば、プライベートな、誰とも共有しないでいい大切なものを持つ事が出来るような気がします。これは舞台よりも強いんじゃないのかしら。あ、だからあれですよ。「安全な演劇」はすべからく滅びるんですからね。舞台が安全な場所になってしまったら大変。これはもう、声を大にして。みんなで気をつけていかないと。

さて、

喋ると止まんないですが、この映画のお陰で色々な事考えさせて頂きました。とにかく言えることはただひとつ。本当に見て良かったです。これ大事。好評につきしばらく上映が継続されるようなので、ご興味のある方は是非。ああ、こういうのはまさに映像ならではですね。そこ映像に軍配。うらやましい。

映画の詳しい情報はこちらからどうぞ。

http://attheterrace.com/
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
セッション
2015.04.30 Thursday 22:18

バードマンに引き続きセッション、見てきました。なに週間なんでしょうね。言うなれば表現者にまつわる物語りくくりって事で。メッセージではなく問いかける口調に誘われて。セッション。空いた口が塞がりません。コイツらサイテーという思いとは裏腹に心臓のビートが鳴り止みません。見事に問いかけられまして、頭と心臓が忙しい。表現者にまつわる物語り。そういえば、僕はソピョンジェとか覇王別姫とか好きなんですよ。思考を保留する事を許さない鋭利な物語りでした。一本。参りました。
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
バードマン
2015.04.17 Friday 18:24
バードマンが面白くてビビって何か書くぞと思ったけど何も書けない。。とりあえず演劇や映画に携わってたり好きだったりする人には劇薬。俳優なんかが見ちゃうともう息も出来ない固まって動けない。ハリウッドにハリウッドの土俵で物申し、しかも聞き届けられているというのはちょっと凄まじく格好いい。いやはや、みんな闘っている。闘い方の違いで細々と言い争っている暇はない。映画ってこんなに自由なんだ、と初めて思った。
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
春夏秋冬そして春
2008.06.07 Saturday 00:15

少しづつ毎日が血色を取り戻してきました
春琴から止まっていたものがようやく動き出したような気がします

音楽に身体を委ねるのは自分の中の原始が覗けるようでスリリングです
血が跳ねるように演技も出来たらいいのになと思いながら
しばらくは音楽と共にあります
時に韓国の農楽は耳で聴くものではなく身体で感じるもののようで
そういう意味では凄く肌にあっています なんだかトランスみたい

太鼓の先生に薦められた映画が凄い良かった
こういう台詞の少ない沁みいるような韓国映画は初めてで
殺人の追憶に並ぶお気に入りであります
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
今更といえば
2008.05.11 Sunday 22:59

『王の男』

素晴らしかったでしたぁ、はぁ、、

おいどこにいる?
俺はこっちで
お前はそっちか
俺がこっちで
お前がそっちだ
どっちもここにいるだろよ
そうかどこにもいないんだ
あ、そおれ
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
うーあー
2007.03.04 Sunday 02:15
『リンダリンダリンダ』
面白えー
ペ・ドゥナ、これかぁ
気になるー


やっとまた映画(レンタル)を見るリズムを手に入れた
夜が賑わう
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
さよならヘルメット
2006.04.13 Thursday 15:41
20060413_87558.jpg
しばらく建築現場から離れます。
鳶さんからもらったニッカや新宿で買い揃えた道具類ともおさらばです。
また夏には戻るのかな?それなりに好きな仕事なんです。

「ドッグ・ヴィル」
「花とアリス」
「血と骨」
「タクシー・ドライバー」

今日も映画とギターれ。
いつもCD屋や本屋に行っては、クラシックギターのマイナーさに打ちのめされて暗い気持ちで帰るのですが、ようやく専門的な品揃えを誇るお店を発見した。「現代ギター社」。今まで知らなかったのがバカみたいに全部揃っていやがる。当たり前だよそりゃあるって。頭使って探さなきゃ。流した涙をカエシテよ。
楽譜はヨークと渡辺香津実、バッハ!Oh、バッハがイッパイアルヨ。
ビバ専門的!専門万歳。ようやく生涯とおして通えるお店が見つかった。これは嬉しい。

映画はドッグ・ヴィル。もう本当にドッグ・ヴィル。あと蒼井優。ニコールと張る蒼井優。血と骨、暗過ぎ。きっと小説でいいんだと思う。「夜を賭けて」も小説は面白かったし。タクシーは二回目。ん。もう少し分からない。
返却後、次借りたい映画がことごとく借りられていて、オチャメな映画ばかり借りてしまう。狙うはバス174。ブラジルに想いを馳せて。また今度。
TUTAYAは必要だ。。
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画とか麻布とか
2006.04.05 Wednesday 13:37
「シティー・オブ・ゴッド」
「殺人の追憶」

俳優の気合に滅多刺しされました。
韓国俳優の気合は予想してたけど、
なに、これ、ブラジル?
ヤバイよ。子供とか凄すぎる。
音楽と映像が気持ちよすぎて頭が洗われた。

殺人の追憶は韓国版「羊たちの沈黙」?いいのかコレ、を気持ちいくらい全部やってくれるので身を委ねると終わってから放心する。それがまた気持ちい。ただキツイの観せるだけじゃなくてちゃんと人物の葛藤に焦点があってくるから面白いんだなと思う。俳優力か。ただやっぱゲロは必須なの?もういい加減見慣れた。
どちらも目を覆いたくなるような事ばっかりなんだけど、その持って行きかたが全然違う。かたやひたすら突きつけて、かたやラリらせて笑わせる。んなとこ?こんな事うまく言えん。とにかくちゃんと考えさしてくれるのは面白い。

二つとも(たまたま)実話に基づく話だからなのか、話がやけに生っぽい。現場のエネルギーに直接打ち抜かれたような気がして爽快な映画でした。
どちらも脱力系の終わり方でこれまた格好よかったわ。


ちなみに-2LDK、行ってきました。
個人的にはもう少しお散歩がしたかった。
一時間は短いよね。半日くらいいたら楽しみ方が見つかるかもと思った。
台本(?)が売っていてね、ぶあついの。
各パフォーマーのもつ物語が延々綴られて、読みやすいかたちになっていてそれを手にブラブラ歩き回れたら最高に楽しいかもと思った。いや、楽しみ方は色々だけど。やっぱり岸井さんは面白そうな人なので、今後も注意深く跡つけてみます。

あとなんだか、笠木が、観る度に、良い!顔が違う!あんな人知らんわ。アイアンメイデンも飛んでたし、てかかぶってたし、何に開眼したのだろう。笠木君が自由だ。さて僕は何をしおう。
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
エピ3
2006.03.28 Tuesday 22:10
20060328_76319.jpg
ようやく観ることが出来た。実は隠れSTAR WARSファンだったりする。妹ほどじゃないが。
なんだかんだいつもワクワクしながら観て来たような気がする。だいたいやっとありつける頃には結構醒めてるが観進める内に熱が蘇り、完全に蘇った頃に映画が終わる。これはじれったい映画だ。それでも少しの間はワクワクする。ようやくコンプリート。

ヨーダがいまいち賢くない。それでいいのかも知れないけど、肝心なところでため息しかつけないあの緑にイライラする。あとパルパティーンがギャグキャラにしかなってないのもどうかと思う。思いながらもげらげらワクワクするのは根がそんなもんだからさぁ。あといい加減シーン転換が多すぎてムカツク。エピ4へのお約束がお約束でしかないのは残念。さすがに急ぎ過ぎだよ、ていうかヨーダが本当に賢くないよ。もっとなんとかしてやれよヨーダ。

でもワクワクした。
楽しみ方があるでしょ。そういう映画でしょ。コンプリートの充実感も少しあるし、ターミネータシリーズよりは断然裏切られた気分はしません。いやあれはしょうがねぇのか。ていうか最初から裏切るとかないし。ヨーダはヨーダだし。表情無駄に豊かだし。
しばらくは、事あるごとにうざったく、
メイ・ザ・フォース・ビー・ウィズ・ユー、ほら楽しい。

ちなみに妹は何作目かのなんとか星のもじゃもじゃが喋ってる宇宙語を話せるらしい。僕はもう少し普通に楽しみたい。あ、地震だ。


| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
とりあえずデビューしてみる
2006.02.15 Wednesday 16:14
20060215_39641.jpg
面白かったぁ
逃避行の末の今更三本連続鑑賞
悔しい事に完璧に充実した
チェ・ミンスクが面白い
ウ・ジテがやばい
チャンドンゴォンやらウォンビンやら
初めて観たったら笑われるのかしら
韓国映画がどうとか分からないけども
なんだかヤリ切る感じがハマルのですね

とりあえずデビューしてみる
なんでもっと早く観ておかないのかね
| 成河(ソンハ) | 映画を観る | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→