News
-- 舞台 ----------------
2018
『黒蜥蜴』
作:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
1/9(火)-28(日)
@日生劇場
2/1(木)-5(月)
@梅田芸術劇場


-- TV ----------------
NEW
『関門時間旅行〜海峡都市で、会いましょう。〜』

11/17(金)
19時〜
90分Web生中継

詳細はコチラ


NEW
■NHKスペシャルドラマ
『龍馬 最期の30日』
11月19日(日)
NHK総合
午後9時〜10時

BSプレミアム
『龍馬の遺言』
12/29(金)
放送予定
※後日談を含む拡張版です


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


-- 雑誌、他 -----------

more info ...


Category
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
絶賛配信中!!

出演情報や近況、優先予約など不定期で送りつけます!登録はコチラから↓
パソコン 携帯

メルマガに関するご質問、お問い合わせはコチラのアドレスまで → songha@spacecraft.co.jp
Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
人間の本質
2017.10.17 Tuesday 00:42

人間は怠惰な生き物です。この適当さを愛せなければ生きては行けません。昔はこれを見た瞬間に脳ミソがショートして、5分くらい頭が使い物にならなくなったものです。本当に。何をさせたいんだろうか、どうするつもりなんだろうか、そしてこれ何を入れたらいいんだろうか。空のペットボトルを片手に、随分考え込んだものです。

今は、昔よりはなんとか微笑ましく見ることが出来ます。ああ、これね。俺も。こんなもんさ。と、思います。なんかこんなんなっちゃう事は自分の中にも良くある。後でね。分ければいいだけですね。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
こばなし
2017.08.17 Thursday 01:15
無くしてしまったTaspo(タバコ買うためのカード)が出てきて渋谷警察署に取りに来て下さい、との事で行ってきました。なんというか、流石の渋谷警察署はなかなかの緊張感でね。面白いですね、こういう緊張感のある警察署に入ると急に、「自分は無実、無害、無臭の善良な一般市民ですよ」感を過剰に出してしまいますね、自分、というか、人間。必要以上に礼儀正しくしたりして、必要以上に綺麗な姿勢で座って待ったりしてみて。すると、担当の方が来て、ドラマの「SP」に出てた人ですよね?ときました、はい、出てましたよと。昔の話なのに覚えててくれてありがとうございますと。するとやっぱり人間面白いものでね、急に気が大きくなって、態度も言葉遣いもだんだん伸び伸びしてきたりしてね。いやー、基本は舞台なんすけどねー、なんて聞かれてもいないこと答えたりして。無事Taspoも戻り。なんというか、こういう小市民的な愛らしさを当然ながら自分も持っているという発見。そういう部分を、「人間風車」の平川という人物をやるにあたっては大事にしていきたい。

あ。


今日はラジオの収録。正味30分くらいですが、人間風車のことやら色々、まぁベラベラと喋らせて貰いました。金曜の夜放送です。radikoアプリがあれば1週間くらいまで、遅れて聞けるらしいすよ。本当かな。分かんないです。確かめて!情報、こんな感じですー↓


★ 8/18(金)
TOKYO-FM
「Skyrocket Company PARCO ホットセミナー」21:30〜21:55

http://www.tfm.co.jp/sky/



それではみなさん、

おやすみなさい。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
今日は強さについて考えます
2017.08.07 Monday 03:16
強いか弱いか。他人との関わりの中で影響を受ける自分の変化、そしてその時の選択に対して、僕たちは「強い」だとか「弱い」だとか、言う。

まず、何者の影響も受けない、というのは強さではない。傷つかない事が強さではない。

何故なら、ヒトは大きくなればなるほど、物を知れば知るほど、より大きな存在、未だ知り得ぬものに対しての恐怖が増していく。何者の影響も受けないというのは、その恐怖から目をつむるために、自分を現状に固定して外部をシャットアウトしているだけの行為だから。結果、それはとてもとても弱い行為だ。

ひとつ、強さの典型的な例として「忘れる」というのがある。忘れっぽい人はなんだかんだ、強い。人間の持つ最も強い武器なのかもしれない。適応力、というのにも通じる。こだわりを軽やかに捨てて、何処でも誰にでも順応していく能力のあるヒトはいる。生物的な強さを持っていると感じる。憧れる。

それでは、そう出来ないヒトはみな弱いか。衝動に流されること、それは弱さか。まぁ、一般的には間違いなくそう思われていると思う。がほとんど全てのヒトはこちらだ。だらしない自分に嫌気がさして、それでもなお何かのせいにしてダラダラと環境の変化が訪れるのをただ待って、「忘れられる」強さにただすがるように生きている。いくら格好つけたって、僕たちはほとんど全て、みんなそんなもんだ。

そもそも、弱さとは、他人への恐怖に端を発しているように思う。どこまでも未知なる他人。ヒトは自分と違うものがとにかく恐いのだ。そして、その恐怖から逃げようとする事こそが、弱さの本質だ。しかし残念な事に他人とはどこまでも果てしなく未知であって、だからこそ私たちは、その永遠なる未知の前に常に選択を迫られる。

その時、強い人間なんていない。いなくていい。

あるとすれば、強くなろうとする意志だけだ。自分の弱さをみつめるか、自分の弱さから逃げるのか。ただそれだけ。

自分の弱さを見つめた人はとても優しいし良く笑う。そして回り回って他人が好きだ。良く分からないものがとにかく大好きだ。そしてそういう人は、結構演劇をやっている。

強い人になるよりも、僕は弱いまま、ただそういう人になりたいと願う。


あらゆる困難を、傷つきながら、楽しみたい。



うん。割りと平凡な結論にたどり着きました。でも、そうですよね。それだけを強く、願うこと。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |
回れ回れ
2017.08.04 Friday 02:49
回れ回れ

総天然色の
オーヴァードライヴ

振り切るように詰め込んで
空っぽに出来ないなら
はみ出るまで詰め込んで
CPUの限界まで真っ赤
頭がショートする高速に

痺れさせる

回れ回れ
時間よ回れ

時は無情な程に全てを洗い流してくれますか

回れ回れ
時間よ回れ



道路交通法は守ろう



全然関係ないはなし、

やっぱり演劇は、わたしとあなたの脳みそを使った遊びと思う。脳みそを使わしてくれ。VRとか、4DXとか、凄いけど、遅いんだな。脳みそはもっと、早い。あなたとわたしの脳みそがあれば、あとは何もいらない。だから話を、しましょう。お願い。話を、して。か、踊りましょう。良い感じになってきたら、歌いましょう。ね。急には歌わないで。誰でも彼でもに歌わないで。僕のためにか、世界のために。歌を聴かせて。あー。関係なくないね。あるね。あー。

僕は、回れ。回れ。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
休みました
2017.07.28 Friday 14:47

手にいれました


| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
あけましておめでとうございます
2017.01.03 Tuesday 03:19
遅くなりました。新年あけましておめでとうございます。昨年もたくさんの方々の応援や励ましに支えられ、なんとか舞台に立つ事が出来ました。本当にありがとうございました。まだまだ拙い技術ではありますが、少しでも報いることが出来るよう、探求心を枯らすことなくなく、心技体の充実に向けて精進を重ねて行きたいと思います。本年もよろしくお願いいたします。


常日頃から頭を離れない言葉があります。


「わたし(たち)はどこから来てどこへ行くのか」。


正月は親族と過ごす時間が増えるので、特に、その思いに強く引き寄せられます。そして演劇というものは常に僕にその答えを求めています。どこへ行くのかはまだまだ風まかせですが、どこから来たのかについては、知ることが出来ます。想いを馳せる事が出来ます。その時間の分だけ、行くさきの未来が豊かで確かなものになるような気がします。なんというか、舞台に立つ俳優にとって必要な事はたくさんあると思うのですが、その1つ大きなものに、「自分に嘘をつかない」というのがあると思うのです。これは簡単なようでいてとても難しい事です。ひとつごまかしてしまうと、全てがどうでも良いものになってしまう。それではいけない。鋭くいま自分の声に耳を傾けるためには、自分の後ろにあるものを全て受け入れている必要があります。なんというか、その。つまり、僕は、そういう俳優になりたい。そういう俳優でありたい。と。まぁ、つまりそういう正月っぽい話がしたかったのです。常に「どこから来たのか」について想いを巡らせながら、、

Just accept.

Now and Here.

この2本柱で、2017年も自分を、世界を掘り進めて行きたいと思っています。どうぞみなさん、よろしく!
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
どどん
2016.02.16 Tuesday 15:43

グランドホテル動きだし
どでかい山ですな
登ってみましょう
どんな景色かしら
膨大なオタマジャクシの奥に込められた想いを、
丁寧に掬い上げる
やってみる
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
witsでしたっ
2016.01.17 Sunday 22:46

wits『マクベス〜The tragedy of Mr.&Mrs.Macbeth』@両国シアターΧ(カイ)、終わりました。松岡先生にも褒めて貰えて嬉しかったでした。ほっ。月並みな言い方しか出来ませんが、楽しかったでした。本当に楽しい時間でした。たった2日間、時間もなく、人手もないまま見切り発車した公演だったので、一部、混乱やご迷惑をお掛けした事と思います。本当にすみませんでした。またやる時は少しでも改善出来るように努めます。今後ともwitsを、そして西悟志を、どうかよろしくお願いします。緩やかに、確かな発見を、粛々と。ね。

ご来場下さいました皆さま、本当にありがとうございました。またの機会にお会いしましょう。ww。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
抱負
2016.01.01 Friday 21:47
新年明けましておめでとうございます。昨年は充実した一年でした。人の熱意や励ましが身に沁みた一年でもありました。今年も持てる全ての力を舞台に注ぎます。信じることと疑うことを諦めず、自分に正直な表現を心掛けたいと思います。今年もみなさん、どうかよろしくお願いします。

早速せまって参りました。witsマクベス。お席にはまだ余裕がございます。2016年の今年はシェイクスピア没後400年。一緒にシェイクスピアを正しく遊びましょう。劇場でお待ちしています。



● ● ● ● ● ●

wits
『マクベス〜The tragedy of Mr.&Mrs.Macbeth』

原作:ウィリアム・シェイクスピア
上演台本:wits(松岡和子訳による)
演出:西悟志
出演:チョウソンハ 池田有希子

両国シアターΧ(カイ)

2016年
1/15(金)19:30〜
1/16(土)14:00〜/18:00〜

詳しくは特設サイトへ

● ● ● ● ● ●
witsマクベスは、アゴラ劇場にて行われるリクウズルーム『アマルガム手帖+』との連動企画です!!
↓↓↓

リクウズルーム
『アマルガム手帖+』

作・演出:佐々木透
出演:タカハシカナコ 榊原毅 ブライアリー・ロング(青年団) SEI 西田夏奈子 西尾佳織(鳥公演)

@アゴラ劇場

2016年
1/8(金) 19:30
9(土) 14:00/19:00
10(日) 14:00/19:00
11(月・祝)19:00
12(火) 19:30
13(水) 14:00

詳細は特設サイト

※アマルガム手帖+のチケット半券をシアターΧマクベスの公演にお持ち頂くと、受付にて500円のキャッシュバックが受けられます。併せて是非お楽しみ下さい。

● ● ● ● ● ●
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
久し振りに考察日記(長文)
2015.09.14 Monday 23:41
ねこ

金沢→大阪の間
不思議な時間を過ごす

近頃は新しいラジオドラマのお仕事。詳細はまた後日。それよりね。

ねこで散々身体を使った表現をして、ラジオで声だけを使った表現をして。身体だけでやらなきゃいけない時はつい顔やら息やら色々出てしまうし、声だけでやらなきゃいけない時は、無性に身体をくねくね動かしてしまうし。どちらかだけ独立してあるということはやっぱりないんだと思うけど、それでも片方を封じて片方を極めようとしている人たちがいる。

役者なんてどっちつかずなもんですねえ。「あれもこれも出来て幅広いですヤン!」というのはまぁ実はそんなに大事な事じゃなくて、、身体だけ声だけを極めようとしている人たち、或いは極まった状態の人たちとの出会いを通して、「演技」なんてぜんたい何が積み上がるものなのか知らん?という問いが再度首をもたげる。「役者なんてのは上手くなったらおしまいだ」とは良く言ったものですが、それぞれの専門性が極まっていく人たちが右に左に通りすぎるだに、34歳、たまに、焦る。

大衆食堂かな、と。ふと思います。決して卑下してる訳ではなくて、目指すべきは。何でもあります。結構美味しいです。でもね、味だけじゃなくて、またここに来たいと思える何かがあるのよね、この店には。お寿司を食べるなら絶対あそこ!お蕎麦はあのお店にはかなわないわ!でもね、何故かしら、人柄かしら、なんであれ、ここで出されるものは全部信じられるのよ。


そんな

お店を

目指して。


ます。



また来てね。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/23 pages next→