News
-- 舞台 ----------------
2018
『Thrill me』
作/音楽/脚本:
STEPHEN DOLGINOFF
翻訳/訳詞:松田直行
演出:栗山民也

▼東京
12/14(金)-1/14(月祝)
@東京芸術劇場シアターウエスト

▼大阪
1/19(土)-20(日)
@サンケイホールブリーゼ

▼名古屋
1/25(金)
@芸術創造センター


-- 映画 ----------------
NEW
『ムタフカズ』
2018年
10/12(金)
全国公開

■『チワワちゃん』
原作:岡崎京子
脚本:二宮健
監督:二宮健
2019年公開

■『美人が婚活してみたら』
原作:とあるアラ子
脚本:じろう(シソンヌ)
監督:大九明子
2019年公開


-- DVD --------------
■Disney実写映画
『美女と野獣』

ルミエール吹き替え
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中

■『脳内ポイズンベリー』
佐藤祐市監督作品
DVD & Blue-ray
レンタル、発売中


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Works & Profile

male de songha

★工事中★

ちょっと待ってて下さい。
またやります。

Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
感情的日常論
2018.12.09 Sunday 01:43
役者の仕事は多岐に渡れども、究極的には「感情を扱う」ということに尽きる。

そのためには、日頃から様々な感情に襲われている状態の方がいい。出来るだけ偏りなく色々な感情を体験している方が良いが、いかんせんネガティブな感情は強いから、振り回されないように注意が必要だ。幸福の絶頂も、不幸のどん底も、同等に価値がある。中庸となる穏やかな感情も必要だし、相手や状況を受け止めた深くて大きな悟りの感情も不可欠だ。


ひとつの戯曲の中で、それらの感情が偏りなく大きな流れの中で統合された時、その役ないしその芝居はとても良いものに、伝わるものになる。そう信じる事が、また仕事だったりする。

それにしても、感情的に日常を生きるのは辛い。端からみると、ちょっと心配になるだろうと思うくらいには、感情的な日常を送っている。それだけ切り取ると幸せでも何でもない。戯曲という遊びの中で、全てを統合してこそ、そんな人生は報われる。ある意味呪われた仕事だ。

「そんな仕事を選ばない方が幸せだったんじゃないか」と誰かに言われた事があるが、今ではもう、感情的に日常を過ごす事が癖になってしまったので、すがるように役者をやっている。やるしかない。365日の中に、役者の幸せは、多分10日くらいしかないのかも知れない。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
うふふ
2018.11.05 Monday 22:22


頂きました
とても面白いです
豊穣の海、楽しみにしています
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark |
堀さんインタビュー
2018.10.06 Saturday 19:12
「仕組み」が出来上がるためには、これだけの要素が必要で、その1つ1つが目的を持って、長い時間をかけて、少しずつ整っていく。その道筋の1つがぼんやりと見えてくる。何がどう大変なのか、良く分かる。日本で演劇、特にショービジネスを愛するお客様には是非読んでみて欲しいと思える、近視眼的でない、開かれた、ホリプロ社長のインタビュー↓

https://spice.eplus.jp/articles/208687

何を創るにしても、何を愛するにしても、今ここにある成果だけに目を向けず、20年30年後に今より良くなるための選択を、僕たちはそれぞれの場所からするべきだ。言いかえるならそれが夢というものだ。そうあらためて思わされた。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
つくづく。
2018.09.18 Tuesday 23:53
あれもこれも欲しがったり、隣の芝生が青かったり、環境さえ違ったら自分はもっとこうだったり、そういう事の一つ一つが自分を幸せから遠ざける。本当の出会いから遠ざける。

1日で手に入れたものは、1日で離れる。10年かけて手に入れたものは、10年は無くならない。一生かけて大切になるものには、そうなるに足る苦みや悔しさの蓄積がある。

で、どれだけ生きてきたか、どのように生きようとしているかは、そのまま芝居に出るんだよ。面白いし、怖いね。

だから僕は、成果や効率を煽る全てのものを笑う。数字の大きさを誇示するあらゆるものを笑う。人間の弱さにつけこむそうしたシステムの一切を笑ってやる。

どこにいるか、じゃなくて、誰といるかだから。どこでやるか、じゃなくて、何をするかだから。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
タビビトのうた
2018.09.15 Saturday 23:09
どこからどこまでが世界か知りたいから
あなたが東に行くなら、私は西へ向かう

私たちは一緒には行かない

ただこの世界がこんな風だと
私がいつかどこかで思って
あなたがいつかどこかで思う

イマココで出来るのは
ただ想像することだけ
一緒に出来るのは
ただ想像することだけ

この世界がこんな風だと
私がいつかどこかで思って
あなたがいつかどこかで思う

そしてもしまた会ったときは

私は精一杯
あなたのヨロコビをヨロコブ
あなたは精一杯
私のヨロコビをヨロコブ
この瞬間の私たちの生を
ただヨロコブ

| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
そもそも論
2018.09.14 Friday 11:45
ものをつくってる時に、出口の事を考えながらやっちゃいけない。何が出来るか、どうなるかなんて知ったこっちゃないし、過程においては、結果に対していかに無責任であれるかが何よりも大事。でもこれって、例えば小さい頃に良く注意された事や、今でもつい子供に言ってしまうこととまるで正反対の事なんだな。困った。つくづく社会生活というものにそぐわない活動だ。社会のためになる芸術、っていうのが疑わしいのはこの部分で。基本的にこの活動は、ハミ出してしまったものや弾かれてしまったものを救うための小さな声なんだな。社会との関係は、与党と野党みたいなもんですわな。だから無くならないとは思うけど。ただこちらは大きな声、というのは嘘くさい。こちらが大きな声になったら、それとはまた別の小さな声が必要になるだけ。でも小さな声はメディアに乗らない。メディアに乗らないとこの国では仕事と見なされない。困った。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
そういえば
2018.09.10 Monday 02:38
芸劇で桜の森を観て面白かったから家にあった坂口安吾をちょっと復習。で、ふと、「寝ても覚めても」を思い出す。そういえばあれは堕落論だった。まず地獄の門をくぐって天国へよじ登らねばならない。ラストシーンが妙に晴れ晴れしいものに感じたのはまさにそういう訳だった。堕落と孤独と人間の実相。の道行きに夢想する希望。或いは連帯。野田さんの言葉もまた。物悲しくて力強くて。絶望しながら前向きだった。鳥肌たった。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
隠遁ナウ
2018.08.26 Sunday 16:03

正直に、正しく生きる、ということのほんとうの意味を考える。その時、孤独、の意味も。正直に、正しく、をほんとうにちゃんとやってるひとは、みんな孤独だ。

いやだな、孤独は。

あれもこれも欲しがる心が、結局いちばん厄介だ。
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
ズレ
2018.08.24 Friday 10:19
つかさんの芝居がしたい

つかさんはいつも、観客との温度とか関係、そのズレを誰よりも意識して芝居を作っていたんだな

その時代、その時代ごとの「雰囲気」に、どういうズレを生じさせれば、物事は正常な位置に戻るのか、そんな風に考えていたんじゃないかと思う

演劇整体師だな

一旦間接を外して
整える

ズレを起こす事が本意だから、いつでもどこでも同じ形で通用する芝居じゃない、つまり、型としての古典にはなりえない

その時代ごとに、

評論家のための高尚な悲劇にズレを提供し
アンダーグラウンド演劇にズレを提供し
芸能人演劇にズレを提供した


先生。先生が演劇の商業化に果たされた役割は多大なものであったと感じます。あとに続いた沢山の人達の努力と工夫によって、演劇を生業にするための環境は、その裾野に驚くべき広がりを見せています。でもいま少し行き過ぎた部分があるような気がするので、揺り戻すようなズレを僕は探します。いいですよね。


いまならどんな芝居を作りますか。


| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
遠くから
2018.07.29 Sunday 13:59
遠くから今を見つめる

星を見るように
高い所から景色を見るように

ずっとずっと遠くから
今の僕たちのことが
見えたらいいのに

もしそれが叶えば
僕たちは
もう少し幸せなのに

僕たちは

遠くから見たとき
自分がどこにいるのか
わかるために

踊る 歌う 演じる

地図を広げて
現在地に印を刻み付けるように

踊る 歌う 演じる

今ここにある
生きている
ということを印に

灯台の明かりのように
迷わないための印に

遠くから見るために
遠くから見るための

踊る 歌う 演じる

今ここにあるよろこびを生きる
生きているのを確かめるように
現在地に命を叩きつける

それによって

遠くから

それを

眺める

ことが出来る


「見る見られる」を使って

そんな奇跡が 叶う

「見てもらえる」ことは

それほどに有り難い
| 成河(ソンハ) | 雑感 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/25 pages next→