News
-- 舞台 ----------------
NEW
『VIOLET』
音楽:ジニーン・テソーリ
脚本/歌詞:
ブライアン・クロウリー
原作:ドリス・ベッツ
演出:藤田俊太郎

4/7(火)〜26(日)
@東京芸術劇場プレイハウス


『ある馬の物語』

原作:レフ・トルストイ
脚本:M・ロゾーフスキイ
演出:白井晃

6月〜7月
@世田谷パブリックシアター



2021年
『子午線の祀り』

作:木下順二
演出:野村萬斎

2月〜3月
@世田谷パブリックシアター 他


-- TV ----------------
NEW
『ムタフカズ』吹替版
wowow
5/2(土)朝8:15〜

NEW
プレミアムステージ
『タージマハルの衛兵』
NHK BSプレミアム
5/3(日)23:50〜

NEW
BBC Earth
『宇宙からみた地球』

全4話 ナレーション
wowow
5/5(火・祝)13:00〜
4話一挙放送

NEW
『わたしは慎吾』
wowow
5/23㈯17:00〜



- 映画 ----------------
『カツベン!』
監督:周防正行


Category
Recent Comment
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Works & Profile

male de songha
無料メールマガジン
male de songha
登録受付中!

★登録無料(不定期配信)
★出演情報(舞台、ドラマ、映画、イベントなど)お知らせ
★チケット先行予約と発送(たまに落書き付き)
★公演前後に送られる長い文章
など

ご登録はコチラから↓

male de songha 登録窓口

※登録をすると登録完了メールが届きます。登録完了メールが受け取れない場合、メールマガジンも受け取れません。端末の受信設定をご確認ください。携帯キャリアメールなどの場合は、songha@maledesongha.comを指定受信して下さい。

メールマガジンに関するお問い合わせはコチラ

公式ツイッター
@tw_de_songha_sc

Latest Entry
Archive
Search
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
3.31 violet
2020.03.31 Tuesday 23:40

『VIOLET』@東京芸術劇場

 

現状としましては、

 

前半4/7㈫〜15㈬が中止となり、

 

4/16㈭の初日を目標としています。その代わり後ろを延長しまして、5/6㈬が千秋楽に設定されました。中止期間のチケットは、延長期間で振り替えがあるようです。詳しくは梅田芸術劇場、公演公式HPにてご確認ください↓。まだ変わるかもしれません。引き続きご注意下さい。

 

ミュージカル『VIOLET』 一部公演の中止と振替公演実施のお知らせ

 

 

そしてこちらも、

 

演出家 藤田俊太郎より

ミュージカル『VIOLET』の振替公演に寄せて メッセージ

 

 

 

明日の分からない日々ですが、最大限の注意を払って、今出来ることをやります。ものを創る行為は、それだけで本来とても尊いものに感じます。ひとまずはそれだけでも続けることが、今の僕たちに出来ること、だと思っています。創り続けていれば、いつだっていくらだって、届ける機会は訪れる。それを信じて。信じて。目の前の創作に没頭します。最大限の注意と、あらゆる方法に思索を巡らせて。皆様におかれましては、くれぐれも無理をなさらず、ご自身と大切な人のために、最適な選択をして下さい。

 

また会えるように、会えた時のために、どうか、健康で。

 

| 成河(そんは) | - | comments(6) | - | pookmark |
VIOLET
2020.03.16 Monday 14:44

 

『VIOLET』への出演が決まりました。白洲さんの積み上げて下さったもの、想い全てを引き継いで、モンティという役に捧げます。既に素晴らしいカンパニーが形成されていて、途中参加の僕を温かく迎え入れ、受け止めて下さいました。

 

明日をも知れぬ毎日ですが、ものをつくること、ひとと一緒にいること、を続けて参ります。演劇が生活にとって果たして必要なものなのか、まずはそれをきちんと証明出来るような作品を創る、そのことがいま求められているような気がします。あらためてそれと向き合う機会を頂けたことに感謝して、全身全霊で挑みたいと思います。

 

僕はこれは、真に自分を愛すること、そしてそのために必要なこと、についてのお話だと思います。劇場でお待ちしています。

 

 

『VIOLET』

音楽:ジニーン・テソーリ

脚本/歌詞:ブライアン・クロウリー

原作:ドリス・ベッツ『The Ugliest Pilgrim』

演出:藤田俊太郎

 

4/7(火)〜26(日)

於:東京芸術劇場プレイハウス

 

公式HP

 

 

 

 

 

| 成河(そんは) | 稽古場 | comments(12) | - | pookmark |
イヴの総て
2020.03.10 Tuesday 18:03
「あなたを傷つけたくはないのだけれど、」という言葉を発してしまうひとは、その時点で人を傷つけている、という想像力に欠けている。

本当にその相手が大切な存在なら、その言葉を言わずに傷つけない方法を探すはずだし、どうしてもそれが見つからなかった時は、傷つけることを、自分も傷つくという代償を抱えて引き受けるだろう。

ようするに、この言葉を発してしまう時というのは、相手を気遣うふりをして、実は傷つける自分から逃げたい時なのだ。そこには、ただ単に「許されたい」という甘えがあるだけで、相手を思いやる気持ちも想像する気持ちもない、ナルシシズムの塊のような幼稚な状態なのだ。

そしてこれは相手に対して、「あなたは思いやる労力を割くに値しない極めて面倒な相手である」と表明してしまうことになる。

もしその事に無自覚で、本気で良かれと思ってこの言葉を発してしまうひとがいたら、そのひとはセンチメンタルの病にかかっている。人に甘え、自分に甘え、全てから許されると思っている。人を傷つける自分から逃げ続け、人と向き合う事から逃げ続け、結果、傷つく事が出来ない人間になってしまう。他人と深く関係を結ぶ事が出来なくなってしまう。

そういうひとは常に自分が中心で、大切なのは自分の情緒、情動。他人への興味や想像力は常に下位にある。瞬間、目を引く感情の発露はあれど、所詮そのひと一人の物語しか見えてこない。


例えばNTLのイヴの総ては、そういうものを揶揄していたんだと思う。マーゴが到達した想像力を、イヴは決して持つことが出来ない。

イヴォ・ヴァン・ホーヴェは、演劇を、女優を、残酷で特権的な芸術として祭り上げる事を許さない。あくまでイヴが持ちえなかった人間にとって大切なもの、そこに逃げずにフォーカスしている所に胸を打たれた。俳優と人間。その欠けた2つが統合されたマーゴは本当に美しかった。イヴォ・ヴァン・ホーヴェの俳優論。派手だったり目に見えるものばかりに人が群がる事への警鐘。



激しい欲求と正直さ、他人への想像力、その2つが出会った所に、演劇はある。そして俳優は、常にその両天秤にかけられ、苦しむ定めにある。どちらか一方を、簡単に美化してはいけない。



| 成河(そんは) | 観劇 | comments(1) | - | pookmark |
速報
2020.03.06 Friday 11:28
! 速報 !

明日、3/7(土)18:00より、大友さんたちが、ねじまきの演奏を生でストリーミング配信(有料)するようです。有料ライブストリーミング、ですって。翌日8日いっぱいまでオンデマンド視聴が可能なようですよ。

1時間半から2時間の予定だそうですが、あのパフォーマンスが果たしてどんな風に映し出されるのか、僕も興味しんしんです。皆さまも是非!

詳細はコチラから。
| 成河(そんは) | 公演中 | comments(4) | - | pookmark |
まとまらないままおえるおわりのまとめ
2020.02.28 Friday 15:49

『ねじまき鳥クロニクル』楽しみにして下さっていた方々に届ける事が出来なくて本当に残念でなりません。とても良い時間をかけた良いものが産まれて、育って行く過程でした。極端なまでの純粋さは時に困難を伴いながら、美しい人の繋がりを産み出しました。こうでありたいと思っていた創作の過程を目の当たりにしました。願わくば船出したこの船が向かうべき先について、もっともっと、ワクワクと考え続けたかった。

今はただ全ての出会いと機会に感謝しています。ご来場頂いたみなさん、一緒に悔やみ、惜しんで頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
| 成河(そんは) | 公演中 | comments(7) | - | pookmark |
あと5日クロニクル
2020.02.26 Wednesday 17:43
『ねじまき鳥クロニクル』@東京芸術劇場プレイハウス

東京、あと5日です。こんな時期に劇場に来て下さい、と言うのはなかなか難しいものがありますが、やっております。自粛された方々におかれましては、どうかお気に病まれませぬよう。ご来場下さった方々には精一杯ご満足頂けるようつとめて参ります。唯一無二のインバルの世界。劇場という名の井戸の底へ。ひとつでも多くのことに思索を巡らせて。
| 成河(そんは) | 公演中 | comments(1) | - | pookmark |
1週目クロニクル
2020.02.18 Tuesday 12:15



インバルピント×村上春樹

『ねじまき鳥クロニクル』@東京芸術劇場プレイハウス

インバルのスケッチ。なかなかにオンリーワンなグッズになって劇場ロビーで販売してます。

当日券、毎日あります。そしてそして、U25チケットも日によりますが、まだまだ出せるらしいです。U25のみなさん、この機会を逃してはならない。何故なら、これはちょっと他では観られない。「演劇」という娯楽に辟易としていたり、いまいちどう接すれば良いか分からないというような人たち、文学オタク、美大生、または魂の冒険者たちに!こんな表現がある、というのを是非とも知って頂きたいなと思うのです。当日券とU25チケットの詳細は公式HPからご確認頂けます。出会いに来て下さい。

舞台ねじまき鳥クロニクル公式HP

| 成河(そんは) | 公演中 | comments(2) | - | pookmark |
『ねじまき鳥クロニクル』
2020.02.10 Monday 01:16


舞台『ねじまき鳥クロニクル』@東京芸術劇場プレイハウス

たくさんの困難を、みんなのなんだかよく分からない不思議な力で乗り越えて、乗り越えて、幕があきます。明日?もはや上手く形容出来る言葉が見つかりません。とても歪な形をした美しいもの?です。とりあえず色々な事に前例がなさすぎて、比べる対象を持たない、っていうのは、でもとても健全で正しい姿だと思います。多分、ご覧になる方々にとっても。

ダンスとも、ミュージカルとも、お芝居とも違う、何かです。

生きやすくなるための解を導きだす場所じゃない、生きにくいという現実を、迷宮を、ひたすらにさ迷い続ける。そんな迷路を、みんなでご用意しました。一緒に、存分に、さ迷ってみませんか。一緒に出口を、探してみませんか。きっとみた人の数だけ出口があるはず。

分かるも一興、分からないも一興。
迷って考え込むも良し、投げて楽しむのも良し。

映してみてからのお楽しみ。


それぞれの出口に向かうために、同じ場所に集まる。美しくて忘れがたい場所になることを願っています。余談ですが、ちょっと自慢出来るカンパニーなのです。全員野球?ならぬ全員演劇で、誘います。お覚悟あそばせ。
| 成河(そんは) | 稽古場 | comments(6) | - | pookmark |
白い恋人たち
2020.01.16 Thursday 13:39

高田馬場 成蔵



上野 とん八亭



高田馬場 とんかつひなた




今年もよろしくお願いします。
| 成河(そんは) | 雑感 | comments(11) | - | pookmark |
終わりました
2019.12.23 Monday 23:49


ありがとうございました。
とてつもない日々でした。

亀ちゃん、絵梨子さん、全てのスタッフ、そして全てのお客さまに、全てのフマユーンと、全てのバーブルに、心からの感謝を。

道はどこまでも続きます。
目を開いて。歩いてゆきます。
考え続けてゆきます。

ありがとうございました。
| 成河(そんは) | 公演中 | comments(9) | - | pookmark |
←back 1/83 pages next→